劇団晴天

Twitter blog 最終更新:2018/4/24 次回公演オーディションのお知らせ

劇団晴天第9回本公演 出演者募集のお知らせ

これまで劇団晴天は、現代口語を用いて少女買春やシャッター街問題、家庭内の不和などを描き、幅広い年齢層に問いかける普遍的な芝居を創作し続けてきました。また、旗揚げから100席以上の劇場で上演を始めましたが、近年はアトリエや全面コンクリート張りのスペース、映画館「テアトル新宿」でのステージなど、「劇場」という場所から離れて、ある種の借景芝居へとシフトしていました。
 しかし、次世代を担う若手劇団として次のステップに進むため、規模の小さいアトリエ公演ではなく、改めて「劇場」での演劇にこだわることに決めました。
 昨年12月には花まる学習会王子小劇場でのロングランを行いました。そこでは、今までの現代口語・六畳一間の演劇から広い世界へ、と、盆を二つ使った大掛かりなセットでのファンタジーな世界観を作り上げました。そして今回、吉祥寺シアターでの公演に挑戦します。劇団晴天の芝居を演劇界へ訴求し、また、「友達や家族を連れて行っても大丈夫な演劇」として、演劇を普段見慣れていないお客様へ劇団晴天をきちんと認識していただくことを目標とし、公演を企画しました。

□作品コンセプト
 今回の劇団晴天は、あらためて現代口語劇に立ち戻ります。また、脚本大石の得意技である家族もので勝負します。雀荘を舞台にし、病気の後遺症で徐々に生活がままならなくなっていく母と、その2人の娘。「親が老けていく」というどうしようもない事実の中で、揺れ動く愛の様子を描きます。
 吉祥寺シアターの空間に耐えうる強さを持った、けれど地味で細やかであたたかみのある、ひねた人でも笑って泣けるような演劇を作ります。

プロフィールや公演履歴は、公式HP[https://g-sayten.jimdo.com/]でご確認ください。
また、同時に演出助手も募集します。
もしご興味がありましたら、別途ご連絡頂けますと幸いです。

---
□公演概要
劇団晴天 第9回公演『わたしの庭へようこそ(仮)』
公演日程:2018年月9日6日~2017年9月9日
公演会場:吉祥寺シアター 全5〜6ステージを予定

■オーディション日程
2018年5月12日(土)・13日(日)
ともに13〜16時/17〜20時 全4回(人数により時間・日時の変更の可能性があります)

■会場
東京都北区の稽古場施設(予定、応募してくださった方にお送りいたします)

■料金
各日程¥500(稽古場/テキスト代)

■応募に関して
・2〜40代の自らを健康だと思う演技者のかた、男女若干名を募集する予定です。役どころとしては、女子大学生と雀荘のおじさんの予定ですが、書き下ろしのため、いらしていただいた方によってシフトする可能性もあります。
・プロモーション、企画に積極的に参加していただけるかたにお願いしたいです。
・稽古場の雰囲気を良くしてくれる方が嬉しいです。
・チケットノルマはありませんが、集客のご協力は切実にお願いいたします。
・締め切りまでの応募数によって、書類でご参加をお断りさせていただくことがございます。ほぼ役の決まっているオーディションのため、ご了承ください。

■応募方法
下記の内容をワードやpdf形式で1枚にまとめて、[25wayp@gmail.com]までお送りください。
応募締切:5月7日(月)いっぱい
・名前(芸名)
・生年月日、年齢、身長、体重
・所属(あれば/ご所属先の了解を得てからのご応募をお願いいたします)
・ご連絡先携帯番号とメールアドレス
(オーディション用の台本をお送りしますので、PDFデータが見られるものでお願いいたします)
・経歴
・特技/趣味/好きなもの/嫌いなもの(あれば)
・写真(お好きなだけ)
・希望オーディション日時
・応募の動機
・以前に劇団晴天の公演をご覧になったことがある方は、その演目
・自由記入欄

その他、ご質問等お気軽にお問い合わせください。

■お問い合わせ 25wayp@gmail.com (劇団)
■ホームページ:https://g-sayten.jimdo.com/
■twitter:@25wayp


『果ての踊り子』ご来場ありがとうございました!

「果ての踊り子」にて、

鈴木彩乃が2017佐藤佐吉賞 優秀女優賞、

舞台美術 平山正太郎さまが優秀舞台美術賞、

音響・音楽 北島とわさまが優秀音響賞

以上3部門のノミネートをいただきました。ありがとうございました。

劇団晴天 第8回公演
『果ての踊り子』 脚本・演出 大石晟雄
 
生贄には、最も美しく舞う者が選ばれる。
“なれた”彼女と”なれなかった”わたしたちに分かれた日、
わたしは彼女を追いかけることにした。
「あなたのことは好きだ、とても」
この世なら果てまで。
 
劇団晴天第八回公演は、夜になるたび思い出す、
自分よりも大切な人の話。 


◆ 出演 ◆
 鈴木彩乃(劇団晴天)
 近藤陽子(劇団AUN)
 小川哲也(平泳ぎ本店)
 森原彩夏
 矢尻真温
 永野百合子(妖精大図鑑)
 加藤巧巳(アイリンク)
 鳥井響
 真都輝一
 湯浅くらら
 中﨑正人(Tiara entertainment)

◆ 公演日程 ◆ 
2017年12月23日(土)-12月30日(土)
(全13ステージ予定)
23日(土)|15:00★
24日(日)|11:00★/16:00★
25日(月)|19:00★
26日(火)|14:00★/20:00
27日(水)|14:00★/19:00
28日(木)|19:00
29日(金)|13:00/18:00
30日(土)|12:00★/16:00★
※★印の日は特別なイベントを企画しております。詳細は後日HPにて。
受付開始は開演の40分前、開場は開演の30分前です。
 
◆ 会場 ◆
花まる学習会王子小劇場
(〒114-0002 東京都北区 東京都北区王子1丁目14−4 B1F)
東京メトロ南北線/JR京浜東北線 王子駅徒歩5分程度
 
◆ チケット ◆
一般 2800円
U-22 2500円
演劇初めて割(自己申告制)・高校生以下 1000円
 
※前売・当日券共に上記の金額です。
※U-22チケットは22歳以下の方限定です。当日年齢の分かる証明書をお持ちください。
※初めて割と高校生以下は各種各ステージ限定5枚まで。
※日時指定・全席自由

 


◆ スタッフ ◆
脚本/演出・大石晟雄
舞台監督・北村太一(松田プレゼンツ)
舞台美術・平山正太郎(センターラインアソシエイツ)
照明・阿部将之(LICHT-ER)
音響・北島とわ
音楽・Portowal birch(北島とわ・太田友城)
演出助手・磯崎みずほ
映像撮影・柴野太朗、北川弦己
編集・白石花子
フライヤースチール・柴野太朗
フライヤーデザイン・横井希美
制作・田中亜実(劇団女体盛り)
主催・劇団晴天
協力(五十音順)・アイリンク株式会社、劇団AUN、劇団女体盛り、センターラインアソシエイツ、Tiara entertainment、平泳ぎ本店、FLAT-TOWER、松田プレゼンツ、妖精大図鑑、LICHT-ER

◆ 予約方法 ◆
 下記URLまたはTELよりご予約ください。 
[URL] https://www.quartet-online.net/ticket/say-ten8
[TEL] 090-9235-5273(制作:たなか)

 

 

 

◆ お問い合わせ ◆
 劇団晴天 制作部
[TEL]  090-9235-5273(制作:たなか)
[E-mail]  25wayp@gmail.com
[Twitter]  @25wayp


大石晟雄:舞台版「あいたま」脚本 大阪公演

鼻血放出!?&爆笑&感動&友情&かわいさ満載、悶絶ドタバタコメディ!

舞台版『あいたま』脚本を担当しました。

公式HPはこちら

ステージナタリーさんの記事はこちら